ふるさと納税でお得にお米や肉をもらう

遅ればせながら、ふるさと納税をやってみました。

まわりにやっている人が何名かいたのがきっかけですが、お得であることは間違いないものの、なかなか情弱に厳しいシステムだと思いました。

私自身が理解しづらかったことを踏まえて、ポイントを押さえて説明したいと思います。

スポンサーリンク

どのくらいお得なのか

ふるさと納税はどのくらいお得なのか、という話ですが、年収や家族構成にもよりますが、一般的な家庭ですと、3万円~4万円分のお米や肉などの品物がもらえるシステムです。お得なことは間違いないです。

地方に納税するので一時的にお金は支払うことになるのですが、手続きすることで、ほぼ納税した分が来年度分の住民税から控除されます。

もちろん、上限はもうけられています。さとふるで簡単に計算できるシミュレータが用意されいます。

ページが移動になりました | ふるさと納税サイト「さとふる」
ふるさと納税において重要な税控除の目安が計算できるシミュレーションをご案内します。年収や家族構成などの情報で、控除額の目安を計算したい方は、本シミュレーションで簡単にお調べ頂けます。

ただし、住宅ローンや医療費控除などですでに住民税控除をしている方は、ふるさと納税による控除額の上限も低くなりますので、気をつけてください。

また、本来はこうした控除の手続きは確定申告が必要なのですが、5つの自治体への納税までなら、自治体への書類の送付だけで済むようになりました。

どこから申し込むのか

仲介している業者がいます。有名なのは『ふるさとチョイス』というサイトで、こちらは取り扱っている自治体の数や品物の数も多くあります。

一方で、品切れの自治体も多くあり、申し込むまでのフローがわかりづらいです。慣れれば問題ないのですが、最初は『さとふる』というサイトの方がおすすめです。

ふるさと納税「さとふる」 | 利用意向NO1のふるさと納税サイト
ふるさと納税をはじめるなら「さとふる」。お米、お肉などおすすめの特産品がランキング形式で選べます。限度額の計算ができる控除額シミュレーションや、確定申告・ワンストップ特例制度の仕組みをわかりやすくご紹介しております。

画面もシンプルで、言い方は悪いですが、ショッピングサイトのような仕立てになっているので、あまり迷うこともありません。まずはこのサイトで慣れてみるのがいいでしょう。

慣れてきたら、『ふるさとチョイス』など他のサイトも活用するとよいと思います。

どの品物がお得なのか

品物はあくまで納税に対するお礼の品なので、サイトに書いてある金額=価格と思ってはいけません。でないと、「お米が15kgで1万円?スーパーのほうが安いじゃん」ということになってしまいます。

おおむね、納税額に対して40%以上の実価の品物であれば、十分お得と言えます。

いろんな品物がありますが、迷うようでしたら総じてお米かお肉がお得です。

お米を頼んでみた

ということで、さっそくお米を頼んでみました。佐賀県の夢しずくです。

品物にもよるのですが、こちらは頼んで1週間ほどで届きました。

furusato-tax

15kgもあるとさすがに多いですね。このお米の賞味期限は3カ月だそうです。最初は調子に乗って100kgほど一度に頼もうかと思いましたが、やめておいて正解でした(笑)。

まとめ

ふるさと納税は、使うとかなりお得です。まずは一つの自治体に納税してみて慣れてみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク