ゴルフ初心者向けのクラブ、用品の揃え方

ゴルフはおそらく一番、道具を多く使うスポーツです。

ですが、何も知識のない初心者がいきなり全ての道具を買い集めてしまうと、合わなかったり、無駄に出費して後々後悔することになります。

初心者がどんなものをどんな順番で揃えていったらいいのか、自分の反省点も込めて書きたいと思います。

スポンサーリンク

はじめたばかりのとき

最初に必要なのはグローブとシューズ

続くかもわからない最初のうちはクラブはレンタルのものを使いましょう。

最初に必要なのはグローブとシューズです。この2つもレンタルはできるのですが、他人の使ったグローブやシューズって使う気になれるでしょうか?

どちらも安く手にはいるので、購入するのがオススメです。

グローブは男性は左手だけ、女性は両手につけることが一般的です。

私はこちらを購入しました。安いですし、すべりどめがついていて、握るときも安心できます。

シューズは「スパイクレス」を選ぶと、練習場などでも気楽に使うことができます。

シューズ入れも買っておきましょう。

家での素振り用にモデルグリップを購入する

まだ、ゴルフクラブは登場しません。

家での素振り用にモデルグリップを購入しましょう。正しい持ち方を覚えることができます。柄が短いので家の中でも気楽に振ることができます。絶対あったほうがいいですよ!

単品でPWもしくはAWを買う

いよいよ、ゴルフクラブを購入します。

ただし、いきなり初心者用のゴルフセットやアイアンセットは買ってはいけません。自分にあったものを見極めてからのほうがいいです。

初心者が最初に持つクラブとして7番アイアンを推す人も多いのですが、私はPW、もしくはAWをおすすめします。

7番アイアンはすべてのゴルフクラブのちょうど真ん中に位置する、ということで練習によく使われるのですが、はっきり言って初心者には難しいです。

ゴルフクラブはシャフトが長くなればなるほど難しくなるので、初心者は短い番手のアイアンからはじめたほうがよいです。

一番良いのがアイアンの中でも短い番手であるPWなのですが、新品では単品で売っていません。また、ゴルフスクールなどでも置いていないことが多いです。アイアンはセット購入するのが通常だからです。

ヤフオクやメルカリで探して買えたらラッキーなのですが、買えない場合はAWというPWよりもさらに短い番手のアイアンを購入しましょう。AWは単品でも売られることが多いです。

アイアンはダンロップ、キャロウェイが有名です。

シャフトは男性であれば、カーボンではなくスチール製をオススメしますシャフトが柔らかいとしなりに慣れなくて苦労するからです。逆に、上手になると、しなりを感じるためにRもあったほうがよくなります。上手な打ち方はクラブをしならせて打つからです。

可能であれば、SとR、両方持ってしまうのがベターです。違いが感じられて納得感があるからです。

コースレッスンに出るようになったとき

中古でPWと同じ種類のアイアンを1本を足す

PWで打つのに慣れてきたら、PWと同じメーカー、同じシリーズのアイアンを1本中古で買い足しましょう。

まだ、アイアンセットを買うのは早いです。アイアンセットは距離を打ち分けるのが目的ですが、初心者のうちは細かく打ち分けることができないので、おおざっぱにあと1本あれば大丈夫です。

理想的なのは8番を買い足すのがよいのですが、なかなか中古で出ていることがありません。7番アイアンはよく中古市場に出ているので、買うことができると思います。

中古で買う場合は、くれぐれもコピー品や偽物をつかまされないように気をつけてください。

フェアウェイウッド(5wあるいは7w)を買う

距離を飛ばすためのクラブも欲しくなってきます。フェアウェイウッドの5番を買いましょう。

3番は初心者にとって難しいのでやめたほうがいいです。

フェアウェイウッドでコスパが高いのはテーラーメイド、プロで人気があるのはキャロウェイです。

パターを購入する

パターも購入しておきましょう。パターは長くもつクラブなので高価なものを買ってもいいのですが、最初は安いのでも大丈夫です。

サンドウェッジを購入する

バンカーに入ってしまった場合に備えて、サンドウェッジを購入します。PWや7番、8番と同じシリーズで買うのも後々重要になるのですが、この段階ではバンカーから出すことに特化したものがオススメです。

シャフトは必ずスチール製にしておきましょう。スイングが安定するからです。

セルフバッグを購入する

以上でフェアウェイウッド(5w)、7(8)番アイアン、PW、サンドウェッジ、パターの5本になるはずです。コースレッスンやミニコース、友達とコースに出る場合はこの5本で大丈夫です。

これらのクラブを入れるのにキャディバッグは必要ありません。セルフバッグと言われるスタンドがついているバッグが便利です。

いろいろ種類があるのですが、雨対策でカバーがつけれるものがオススメです。

コースデビューするとき

さて、いよいよコースデビューとなったときに必要なものを書きます。

最初はレンタルでもよい

コースに出るときに必要になるのは、ドライバー、アイアンセット、ゴルフバッグです。練習場やミニコースならまだいいのですが、コースとなるとこれらがないとマナー違反、よく思わない人もいるのであったほうが無難です。

ただ、いきなり購入する必要はなく、さきほどの5本の主戦力のクラブを持ち込んで、あとはレンタルする、でもよいと思います。

ドライバーを購入する

フェアウェイウッドでも代用できてしまうのですが、どれだけの頻度で使うかさておき、ドライバーは持っておいたほうがよいと思います。一緒にコースに参加する人の中には、ドライバーを持たないことに不満をもつ人もいるからです。

ただ、フェアウェイウッドの方が簡単ですし、あまり打たないのであれば中古で安いドライバーを買っても問題ないと思います。

アイアンセットを購入する

気に入ったアイアンが出てきたら、購入してよいと思います。

キャディバッグを購入する

キャディバッグもいろんなものがありますが、まずは軽くて基本的なものを購入するのがオススメです。

まとめ

初心者がゴルフを始めてから、そろえていくものをまとめました。随時、アップデートしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました