安くてかわいい『イフミーのベビーシューズ』(IFME)

子供の成長は早いので、どんどん足が大きくなって次から次へと新しい靴を買う必要が出てきます。その出費はなかなかバカにならないものがあります。

かといって、ケチってサイズの合わない靴を履かせるのはかわいそうですし、子供が楽しく歩くことを覚えるにも妨げになってしまいます。

今回、紹介するイフミーというメーカーの靴はしっかりしていて値段も安く、デザインもかわいいのでオススメです。

スポンサーリンク

箱もかわいい!

靴はこんな感じの箱に入ってきます。『大切にしたいのは、お母さんの愛です。』というメッセージがあって、会社の思いも伝わってきますね。

中を開けると、説明書が入っています。

細部にこだわりがあるデザイン

イフミーの靴ですが、子供の靴とあなどるなかれ、細部にいろいろなこだわりがつまっています。

まず、ベロの部分がカラフルなのと、右と左で中敷の色が違いますね。これは子供が右、左と認識しやすくするためだと思われます。

真正面から見た様子です。縫製もしっかりしています。

ベビーシューズはベルクロタイプの靴が多いようです。

靴の後ろです。ベルトの部分は暗いところで光るようになっています。夜でも車からも認識しやすいでしょう。

土踏まずを形成してくれるソール

靴の裏です。足あとみたいになっていて、かわいいですね。

実はソールが土踏まずをつくるような形になっており、赤ちゃんが歩く力を養うのに一役買っています。

お出かけ用と遊び用で使い分けもできる!

イフミーの靴は3000円、セールのときは2000円ほどで手に入ります。ですので、お出かけのとき用の靴と、砂場などで遊ぶ用の靴と2足買う余裕もできてしまいます。

うちの子も気に入ってくれたので、2足買ってしまいました。

いつも「おはなのくつー」と言って、喜んで履いてくれます。

子供に履かせるときのコツ

ここで注意したほうがいいことがあります。誰しも悩むと思うのですが、せっかく買ってあげた靴を子供が嫌がることがあります。

特にイフミーの靴は通販で買う機会が多いと思うので、事前に試し履きすることができません。そんなときにどうするか。

たとえば、タブレットなどの大きい画面で靴の写真を見せて、子供の反応を見る、というのがオススメです。色を聞いてもあてにならないことが多いので、見せた反応で判断するのが一番です。

次に、子供が気に入るまで、タグは切らないでおきましょう。万が一、気に入らなかった場合はヤフオクなどに出品してしまうのも手です。タグを切らないでおけば、「新品同様」など説明をつけて高値で売ることができます。

お店に返品することもできるのですが、やりすぎると迷惑がかかってしまうので、これは最後の手段としてください。

いろんなベビーシューズ

イフミーからはいろんなベビーシューズが出ています。

まとめ

イフミーの靴は安くても、とてもかわいくてしっかりとした靴です。気に入った靴があればぜひどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク