ぬいぐるみにおしゃべりさせるボタン『Pechat』(博報堂)

「お気に入りのぬいぐるみとおしゃべりできたらいいのに」

小さいときにそんな風に思ったことはないでしょうか。この思いを実現してしまったおもちゃがあります。博報堂のPechatです。

子供へのプレゼントにぴったしですよ。

娘のクリスマスプレゼントにと思い、Makuakeで資金を募っていたときに応募して、先日届いたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

Pechatが届いた!

Pechatですが、箱は思った以上に小さいです。説明もシンプルですね。

表面です。今まで、Makuakeの画面で見ていたボタンが目の前にあるかと思うと、感慨深いものがあります。

中に入っているのは、ボタンとボタンを充電するときに使うUSBケーブルだけです。

スマホアプリの操作は簡単

このボタンはBluetoothでスマホと接続して、スマホから操作することになります。

基本的には下記のような画面で、ぬいぐるみにおしゃべりさせたい言葉を入力するか、あるいは吹き出しを押すだけです。

ずっと文字を入力するのは大変なので、人間の言葉に反応してしゃべるなどのオート機能も存在しています。これは便利です。

他のモードや歌を追加したい場合は有料になるのでしょうか。そのあたりはまだよく分かりません。

ぬいぐるみにつけてみた

さっそく、ぬいぐるみにつけてみました。娘が気に入っている、ダッフィーのぬいぐるみです。

ちなみに、ボタンは糸を通すところがあるので、下記のようなゴム糸でくくりつけています。

そしてくくりつけてみて気づいた点があります。娘はまだ1歳なのですが、それでもボタンから声が出ていることに気がついて、ボタンを取ろうとしてしまうんですね。これは誤算でした。

パペット人形と相性がよい

試行錯誤しているうちに気がつきましたが、Pechatはパペット人形と相性がよいです。

例えば、今回ボタンをつけたダッフィーもパペット人形なのですが、Pechatを下記のように入れてあげました。

こうすると、しばらくはボタンの存在に気付かれることはなさそうです。

Amazonで探したら、いろんなパペット人形がありました。参考にしてください。

まとめ

Pechatはぬいぐるみにおしゃべりさせることができる、夢のようなおもちゃです。ぜひ、お子さんへのプレゼントにいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク