お風呂剃りもできるシェーバー『シリーズ3 3080s』(ブラウン)

シェーバーはずっとブラウンのシリーズ7のものを愛用していたのですが、ついにバッテリーの持ちが悪くなり、限界がきてしまいました。

そこで、新しいシェーバーを物色したのですが、ちょうどシリーズ3 3080Sがキャンペーン中なので買ってみることにしました。シリーズ3は洗浄機つきのモデルとお風呂剃りができるモデルがありますが、私は後者の方を購入しています。

スポンサーリンク

それでは、3080sを購入した感想を書きたいと思います。

専用ケースがついている

箱はこんな感じです。この値段のわりには、以外と高級感のあるパッケージですね。5,000円の製品とは思えません。

この製品のよいところは、しっかりとした専用ケースがついてくるところです。シェーバーによってはついていなかったり、ちゃちなプラスチックのケースがついてくることがありますが、長く使えそうなケースで重宝します。

内容物はシェーバーの他に専用ケースとスタンド、電源ケーブルです。

かさばらず安定したスタンド

スタンドを組み立ててみた様子です。洗浄機つきのモデルよりもかさばらなくて好印象です。もちろん、スタンドを使わなくても充電することはできます。

ランニングコストが安い!

シリーズ7のシェーバーは確かに剃り心地はよいのですが、替え刃が6,000円〜7,000円もしました。だいたい、刃の寿命は1年〜1年半なのですが、このくらいしますと、2年とか無理矢理使ってしまいがちです。

それに対して、シリーズ3の替え刃は約3,500円で購入することができます。コストパフォーマンスはこちらの方が上と言えるでしょう。

肝心な剃り心地なのですが、確かにシリーズ7の方が面で接しているようなフィット感はありますが、新品のシリーズ3の方が剃り味がシャープな感じがします。無理に寿命が過ぎた刃を使い続けるよりも、こまめに刃を変えていった方がいいのかもしれません。

刃は向きを変えてもつけられる!

シリーズ3のシェーバーには、シリーズ7などにはない意外なメリットがあります。

刃をシェーバーにつけるときに、向きを変えてもつけられることができます。例えば、1日おきに交互に刃の向きを変えて装着しておけば、刃が局所的に磨耗してしまうことを防ぐことができます。刃の寿命を延ばすことができるでしょう。

シェービング・ジェルと一緒に使える!

こちらのお風呂剃りモデルは、シェービング・ジェルを使うことができます。一番人気はやはりこちらの商品でしょうか。

お風呂剃りできるということは、本体側も水で洗い流せるという利点があります。洗浄機つきモデルも替えの洗浄液の購入が必要になりますので、洗浄液をケチって洗わないよりは、こちらのモデルでこまめに洗った方が清潔だと思いました。

キャンペーンで半額で買える!

私が購入したときは、こちらの製品は3,000円のキャッシュバックがありました。期限付きでしたので、いつまであるのか分かりませんが、購入されるときはぜひキャッシュバックも調べてみてください。

まとめ

シリーズ3 3080sはシリーズ7と比較してもコストパフォーマンスの高いシェーバーです。シリーズ7が少し高いと思ってる方には、買って損はないモデルだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク