Apple Watchが壊れたときに、モバイルSUICAの定期券をiPhoneへ移行する方法

Apple Watchを使うと、Apple PayでSUICAを使うことができ、改札もスイスイ通れるので便利です。

さらにJRなどの定期券も購入することができるのですが、もしもApple Watchが壊れたときはどうなるのだろうか、と不安がよぎります。

まだ、試していないのですが、Apple Watchが壊れた場合にモバイルSUICAの定期券を使えるようにする方法を調べたのでまとめます。

スポンサーリンク

前提

Apple Watchは壊れてしまって一切操作できない、通信もできないものと仮定します。

こんなときにApple Watchの中に入っている定期券をどうやって復旧させるか、という話になります。

また、Apple Pay機能つきのiPhoneを持っていることが前提です。つまり、iPhone7以降はOKですが、iPhone SEなどはダメです。

Appley Pay機能つきのiPhoneがない場合は、壊れたApple Watchが修理されるまで定期券が使えなくなってしまうので、定期券をApple Watchに入れるのはオススメできません。

概要

主な手順は下記の2つとなります。

  1. 端末(Apple Watch)に紐付けたモバイルSUICAを解除して、サーバーへ退避させる。
  2. 再びモバイルSUICAを端末(iPhone)に紐づける。

サーバーへ退避させる

モバイルSUICAの情報をサーバーへ退避させる方法は2つあります。

一つ目の方法は、モバイルSUICAアプリでログインし、『再発行登録』を実施します。これで紐付けが解除されます。これが一番、簡単な方法です。

もしも、モバイルSUICAのアカウントを作っていなかった場合は、2つ目の方法であるiCloudを使った手順を実施します。iCloudにログインして、設定でApple Watchを選択し、Apple Payに登録したカードを削除します。

あるいは、どうせApple Watchがまるごと交換になるかもしれないので、ペアリングごと削除しても構いません。

これらの手順を実施すると、SUICAの情報がサーバーへ退避されます。

詳しくは下記に記載されています。

Suicaの再発行とは? | Suica Apple Pay よくあるご質問
Suicaアプリケーションに会員登録してApple PayのSuicaをご利用の場合、万が一の時にもSuicaを復元させることが可能ですが、通常のご利用にあたってこの機能を使うケースはありません。

モバイルSUICAをiPhoneへ登録する

上記を実施してから、15分後以上経った後に実施します。

Apple Pay機能つきのiPhoneでWalletアプリを起動し、右上の+をクリックします。すると、SUICAという項目が現れるのでこれを選ぶと、カードの追加画面で退避させたSUICAが出てくるはずなので、選択します。

これでApple Watchで登録されていたSUICAがiPhoneへ移行できるはずです。

詳しくは下記に記載されています。

削除・再発行・復元されたSuicaを端末に再設定したい。 | Suica Apple Pay よくあるご質問
端末から削除されたSuicaや、再発行・復元されたSuicaはサーバに退避された状態で、これを端末に再設定(追加)いただけば、引き続き当該Suicaをご利用になれます。 【再設定するための条件

Apple Watchが通信はできる場合はもっと簡単

もしも、Apple Watchが通信できる状態の場合は手順はもっと簡単です。

iPhoneのWatchアプリからSUICAを選ぶと、『カードを転送:iPhone』というメニューが現れるので、これを選ぶだけで移行することができます。

まずはこの手順を試してみてもいいかもしれません。

まとめ

Apple Watchで定期券を使っていて壊れた時に、復旧する方法をまとめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク