目覚まし時計がうるさいと思う人にピッタリ!『Fitbit』

一人暮らしであればいいのですが、家族と住んでいると、他の人が設定した目覚まし時計の音で起きてしまうことがあります。あるいは、目覚まし時計の音がうるさいと、近隣の人から苦情をもらった人もいるかもしれません。

かといって、目覚まし時計がないと、次の日に起きれるか、不安になってしまうものです。

そんな人におすすめの『目覚まし時計』があります。Fitbitです。

スポンサーリンク

Fitbitとは

Fitbitは本来は活動量を計るためのガジェットです。常に腕に装着しておくことで心拍や歩数などを計ることができます。

Fitbitはスマホアプリもでていますので、Bluetoothを使って連携させることで、計測した心拍や歩数などのデータを転送して、今までのデータを使って分析することができます。

また、一日の目標を設定することができ、目標を達成すると、Fitbitが祝ってくれたりします。

サイレントアラーム機能がすばらしい!

これがもっともよく知られているFitbitの使い方なのですが、実はFitbitには他にも便利な機能があります。

その一つがサイレントアラーム機能です。サイレントアラーム機能はあらかじめ設定した時刻になると、腕に装着したFitbitが振動して起こしてくれます。初めての場合でサイレントアラームに慣れていなくても意外と起きれます。

当然、音は鳴らないので、周りの人を起こしてしまう必要はありません。

家族の起床時間が別々だという人には、それぞれがFitbitをつけていると、お互いに迷惑をかけずに起きることができます。

私はサイレントアラーム機能がFitbitの中で一番すばらしい機能だと思っています。

常時つけておく必要はない

中には、Fitbitを常時つけておくのが嫌だという人もいるかもしれませんが、その場合は寝るときだけFitbitをつければ大丈夫です。

Fitbitは常時つけておくという先入観を持たれやすいのですが、目覚まし時計として扱うのもありだと思います。

ついでに睡眠記録も取ることができる

さらにFitbitは睡眠記録を取ることもできます。一日に何時間寝たのか、自動的に記録をつけてくれます。

モデルによっては、より詳細にレム睡眠や深い睡眠がどれだけ発生したのか、記録をつけてくれるものもあります。

価格はそれなりに変わってくるので、必要か判断するといいでしょう。サイレントアラーム機能が目当てであれば、安い方のモデルでも大丈夫です。

現在、売られているFitbit

現在、売られているFitbitです。

私はFitbit Alta HRを使用しています。

さらにワンタッチでつけはずしできるベルトも購入しています。寝るときだけFitbitをつけるという人にはとてもおすすめできます。

Fitbitのサイズ

Fitbitにはサイズがありますが、男性だったらLと決めつけずにちゃんと測って購入したほうがよいです。

ちなみにFitbit Altaなどのバンドと本体が着脱可能なモデルの場合は、バンドを取り替えればLサイズを購入してもSサイズにすることが可能です。

まとめ

Fitbitを使うことで目覚まし時計を使わずに起きることができるようになります。目覚まし時計の音がうるさくて買うのを躊躇していた方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク