ライブ・エンドロールは演出と記録を兼ねられる

写真・ビデオ撮影は式場専属の業者がよいと言ってきましたが、ライブ・エンドロールは披露宴最後の素晴らしい演出になり記録にもなりますので、外部の業者に頼んでみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

ライブ・エンドロールとは

衣装部屋での準備の様子、待合室での様子、挙式、フラワーシャワーまでをビデオで撮って、披露宴の最後に流してくれるサービスです。

結構、よく目にするようになりましたが、それでも、ついさっきまでの結婚式のことがビデオで流れると、おお〜、と盛り上がったりします。

確かに、余興などのオプションは絞っていった方がいいのですが、ライブ・エンドロールは6万円程度におさまるようでしたら、やっておいたほうがいいと思います。理由は後述します。

親の挨拶の後に余韻をつくれる

最後は親の挨拶で締めると思いますが、挨拶が終わってから余韻を残しておきたいものです。そんなときに、エンドロールを流しておくと、自然な流れで余韻を残したまま見送りまでつなげることができます。

また、撮る方の業者は大変なのですが、新郎・新婦の負担はほとんどありません。あらかじめ、流す曲くらいを決めておけば、あとはお任せなので楽チンです。

挙式のビデオのバックアップにもなる

ライブ・エンドロールはリクエストすれば、追加料金が必要になるかもしれませんが、DVDやデータをもらうことは可能です。

もし、挙式用のビデオを頼んだ場合は、基本的には新郎・新婦のみが対象に撮影されますが、ライブ・エンドロールは、挙式中の両親や友人たちの様子まで撮ってくれます。これは、結構貴重です。

記録用のビデオ撮影の業者が撮れなかった絵をライブ・エンドロールで撮ってくれますので、挙式のビデオのバックアップにもなるのです。

オススメの業者

私は、『STYLE Shop』という業者さんにお願いしました。

撮って出しのエンドロールの業者としては、破格の値段でやってくれます。カメラマンの方も清潔感のある人で印象がよかったです。

【早い者勝ち!】結婚式の撮って出しエンドロールが55,000円|ライブエンドロールならスタイルショップへ
撮って出しエンドロールならスタイルショップへ。結婚式の最後を飾る人気の撮って出しエンドロールが業界最安値の55,000円!!

まとめ

ライブ・エンドロールは披露宴最後の演出になるだけでなく、記録用としても使えます。もしも、予算に都合があうようでしたら、検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク