MISTER MINITでハーフソール修理をしてきた話

MISTER MINITは全国に約300店もある靴やバッグの修理店です。駅前などで見かけたことが一度はあるはずです。

修理の値段を調べても比較的安いことが分かったので、ハーフソールの補修をお願いすることにしました。

スポンサーリンク

ターゲットはREGALの923R

今回、補修のターゲットとするのは、REGALの923Rという革靴です。10年前に買っていたのを忘れて掘り起こしたものです(笑)

こんな感じの靴です。まあ、普通のストレートチップでしょう。冠婚葬祭用に買ったら、あまり結婚式に呼ばれる機会がありませんでした。

靴底はこんな感じです。レザーソールかと思ったら、ゴム底みたいですね。

一応、グッドイアーウェルト製法のようです。

なぜハーフソール補修をやることにしたか

ハーフソール補修ですが、普通は靴底がある程度磨り減ったら実施するものです。

ただ、あまり磨り減ってしまうと、靴底の縫い目のところまで取れてしまうので、早めの補修が吉となります。新品のうちにハーフソール補修を実施しておくと、長持ちさせることができます。

ソールが磨り減ったらまた張り替えることができ、これを繰り返すことで、オールソール補修をせずに使い続けることができる、はずです。

今、持っているスコッチグレインに対して、ハーフソール補修をしようか迷っているので、とりあえず安い靴で試してみることにしました。

その日のうちに戻ってきた

頼んでみたところ、その日のうちに修理されて戻ってきました。

ちゃんときれいなビニール袋に包んでくれています。

ちょうど、REGALのマークが見えるところまでハーフソールをつけてくれました。

仕上がりはきれいにできている

ハーフソールは、靴底からはみ出したりせずにとてもきれいに貼られていました。

以前のものと比較して、すべりにくくなっています。

正面から見ると薄く見えるのですが、横から見るとそれなりに分厚さがあります。ある程度、元のソールを削って貼りつけたとのことでした。

プレミアムタイプを選択

ハーフソールの素材はスタンダードタイプのものと、プレミアムタイプを選ぶことができます。

プレミアムタイプの方が、長持ちする素材でできているそうです。

プレミアムタイプの料金は税別で3100円でした。

まとめ

MISTER MINITのハーフソール補修はとても早くきれいな仕上がりでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク