プロフィール・ビデオは自分でつくる

プロフィール・ビデオとは新郎・新婦の生い立ち、出会を写真で参加者に紹介するビデオです。

通常はお色直しで中座しているときに流されることが多いです。

新郎・新婦の幼い頃の写真は参加者も興味があるので、プロフィール・ビデオは絶対にあったほうがよい演出です。

ただし、お金をかける必要はありません。コツを説明します。

スポンサーリンク

業者に頼む必要はない

おそらく、式場の方からも勧められると思います。相場は5万円〜10万円くらいでしょうか。

ただし、プロフィール・ビデオは業者は頼まない方がよいです。外部の業者についても同様です。

一番、大きな理由は業者に頼んでしまうと融通が効かないことです。発注してしまうと、後でこの写真を入れたい、とかこんな構成にしたい!とか変更ができなくなります。一発で自分が思い描いている構成になることは少ないですから、このデメリットは意外と大きいです。

また、実際には、参加者はプロフィール・ビデオの中の細かい細工とか見ていません。あくまで興味があるのは、新郎新婦の幼いころの写真なのです。細かいアニメーションや仕掛けをもうけても、そこまで印象には残らないです。

したがって、業者に頼まなければいけない理由は、少ないでしょう。

オススメの作り方

一番手っ取り早いのは、プロフィール・ビデオ作成用のソフトがありますので、それを購入するとよいです。

他の人と一緒になってしまう、とかオリジナルティがない、とか気にする必要はないです。あくまで、参加者の人が興味があるのは写真です。

多少、凝りたい人は、『 Adobe Premiere Elements』を購入するのもオススメです。基本的には、写真を挿入して、写真と写真の間にエフェクトを入れる、適当にキャプションを入れることでムービーを作成することができます。

もちろん、好きな音楽を入れることもできます。

これらのソフトを使えば、DVDに書き出すことは可能なので、DVDを式場に持っていけば、準備は完了です。

もう一つ、時間がない人向けに裏技を書いています。参考にしてください。

[blogcard url=”https://gonta.biz/wedding-profile-video-with-power-point/”]

まとめ

プロフィール・ビデオは必ずあったほうがいい演出です。ただし、業者に頼まずに自分で作りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク