結婚式にいくらかかるのか?

まず、知っておいたほうがいいのは、結婚式におおよそいくらかかるかです。

だいたいの額と、実質的にはどれだけ負担すればよいのか、感覚をつけていただくために説明します。

スポンサーリンク

固定費と変動費に分ける

結婚式の費用には、人数が増えれば増えるほど、費用が増えていくものがあります。これは変動費と名付けます。例えば、下記のようなものがあります。

  • 料理・飲み物
  • 引き出物・引き手菓子

一方で、人数の増減は関係せず、費用が一定のものがあります。例えば、こんなものです。

  • 会場費
  • 挙式代
  • ドレス
  • 写真・ビデオ
  • 演出

式場によって大きく変わってくるのですが、おおざっぱにいうと、変動費は一人あたり3万円くらいです。固定費は100万くらいでしょうか。

例えば、50名の結婚式ですと、250万円になります。

実質的な負担は、ほぼ固定費の部分

お祝儀が3万円〜5万円だとすると、変動費分はまかなえることになります。そうなると、実質的な負担額というのは、ほぼ固定費になります。実際には、親族の方や上司の方は3万円以上くれますから、お祝儀は変動費よりもプラスになることが多いでしょう。

そう考えると、結婚式は人数が多ければ多いほど実質的な負担は少なくなる、とも言えます。逆に、人数が少ないのに固定費を増やしてしまうと、費用がかさむことになります。節約する場合は、固定費をいかに削るかがキーになってきます。

こうしてみると、変動費である料理、引き出物の費用を削減したくなりますが、料理は絶対にケチってはいけません。後ほど、詳しく説明します。

料理は絶対にケチってはいけない!
演出や食事、ケーキはいろいろなオプションがあって、悩むと思います。式場が勧めるものを全部入れてしまったら、きっと予算オーバーになること間違い...

最初の見積もりより100万高くなる

式場をまわるときに、たいてい見積もりをもらうことになります。

ただし、最初の見積もりどおりに済むことはまずありません。最初の見積もりには下記の要素が入っていないことが多いです。

  • お色直しのドレス
  • 四切り以外の写真・ビデオ
  • 各種演出
  • 装花

これらを入れると、たいていは最初の見積もりより100万高くなります。

まとめ

実質的に負担することになるのは、ほぼ固定費の部分です。また、最初の見積もりよりも100万高くなることは意識しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク