海外出張の持ち物・やることチェックリスト

ほとんど自分のためという感じもしますが、海外出張の持ち物とやるべきことのチェックリストを書きたいと思います。

スポンサーリンク

持ち物チェックリスト

必須な持ち物

必須な持ち物は下記となります。

  • パスポート
  • パスポートのコピー
  • ESTAのコピー(米国出張のとき)
  • 航空券
  • 旅程表
  • ホテル予約情報
  • クレジットカード
  • 常備薬
  • レンタルモバイルルーター
  • レンタル携帯
  • 現金
  • 筆記用具(税関申請書を書くのに必要)

仕事関連の持ち物

仕事関連で持っていくものは下記になります。

  • ノートPC
  • 名刺
  • ノート
  • 携帯電話
  • カメラ

ちなみにTHETAという全天球カメラで現地の様子を撮影すると、帰ってきたときに現地の雰囲気が説明しやすくなります。

日用品の持ち物

日用品で必要なものは下記になります。

  • 歯磨きセット
  • ブラシ
  • シェーバー
  • 汚れ物入れビニール袋
  • 爪切り
  • 小型バサミ
  • ネックピロー
  • 洗濯セット
  • Kindle

汚れ物入れビニール袋はあると便利です。100均で買えます。

Kindleもあると、機内で暇つぶしをするのに便利です。

衣類の持ち物

  • 下着
  • スーツ
  • シャツ
  • ズボン
  • パジャマ
  • ハンカチ
  • 軽量スニーカー

機内で過ごしたり散歩するときのために、軽量のスニーカーがあると便利です。

事前にやること

航空券の予約

海外出張の社内審査もあると思いますが、可能なら事前に予約をして抑えてしまいます。その場合は上司に一言入れるのを忘れずに!

もし選べるなら、できるだけ自分の貯めたいマイルを貯められる航空券を選びましょう。

ちなみに私は窓側派です。隣の人にトイレに行きたいと起こされることがないので。

ホテルの予約

会社で購入経路を指定される場合もありますが、Expediaを使うととても安く仕上がります。予約もぎりぎりまでキープさせることができます。

ホテルのサイトで直で予約しないほうがいいです。

なお、現地通貨建てで支払うようにしましょう。円建てだとホテルのレートに従うので高くつきます。

携帯・WiFiルーターの予約

グローバルWiFiなどの業者から携帯を借りるように手配します。

『WiFi レンタル キャンペーン』などと検索して、安く調達できるように工夫しましょう。

お金について

現金

現在はカードで間に合ってしまうことがほとんどですので現金は少なめにしておきましょう。現金は例えば1週間ほどのアメリカ出張ならば100ドルくらいで十分です。

また、戻ってきたときも円に換えるのではなく、次出張したときのためにとっておきましょう。

クレジットカード・デビットカード

会社指定のコーポレートカードがあるか確認します。ない場合は自分でカードを選ぶ必要があります。

結局、会社で清算してもらえるので、レートよりも盗難にあったときなどの補償などの条件のほうが大事になってきます。ラウンジなども使えるので、思い切ってANAのゴールドカードなどに入ったほうがいいかもしれません。

ちなみにアメリカ出張であれば、現地でキャッシングできるSony Walletもあると便利です。ドル建てで預金したお金がそのまま引き出すことができます。

スーツケースの搬送

スーツケースも事前に空港に送ってしまうことをオススメします。QLライナーなどの業者を使います。

一番は電車の中で迷惑にならずにすむことですが、もう一つの理由は1日、2日前にスーツケースを送ることで荷物の準備が自然に前倒しでき、忘れ物に気づきやすくなるからです。

自分でスーツケースを持ち運ぶと、空港に着いたときに初めて忘れ物に気づいたりします。

まとめ

ほとんど自分のための記事になってしまいましたが、海外出張の持ち物チェックリストと事前にやることのまとめでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク