式場は2週間で5カ所、見学するのがオススメ

ゼクシィなどを購入すると結婚式場の数が膨大にあって、きっとビックリするはずです。

式場選びもコツがあります。手当たり次第にまわるのはやめたほうがいいです。

スポンサーリンク

2週間で決める!

式場選びは1ヶ月、2ヶ月かけてゆっくり回ればいいや、と思っていると失敗します。

ここで2週間という期間がキーになってきます。仮予約をすると、キープしてくれるのが約2週間だからです。

しかも、見学に行くと、その日に予約した場合にのみ割引を適用する、と提案してくる式場もあります。したがって、後日あらためて予約する、というのも実際はやりにくいです。

式場をまわると決めたら、2週間で決めきるように心がけましょう。

おおよそ5カ所見学するのが限界

そうなりますと、おおよそ5カ所まわるのが限界になってきます。

10、20まわる人もいるかもしれませんが、二人で一緒にまわることを考えると、やはり5カ所くらいにとどめておいたほうが無難でしょう。一人で回りはじめて勝手に決めてしまうと、トラブルのもとになりやすいです。

さらに言えば、実質的な候補は3カ所に絞っておいたほうがよいです。これは後述します。

見学する順番も大事

まず、一番コストパフォーマンスの高い式場から回るのをオススメします。

最初にコスパの高い式場を見ておけば、次以降で妥当な経済感覚をもって見ることができるからです。

本命は3番目くらいにしておくとよいでしょう。

なぜ、3番目か?それは、見学していくうちに考えが変わることも多いにあるからです。考えが変わって新たに見たくなった式場を4番目、5番目にしておくのがよいです。

決めきれない場合は、内金を払う

オススメできないやり方ですが、どうしても決めきれず、仮予約の期間が過ぎてしまうが、他も見たい!という場合には、内金を払ってキープする方法もあります。

例えば、10万円〜20万円を内金として納めることになります。

ただし、払った内金は戻ってきませんし、あまり長くキープしておくと、他のお客さんに迷惑になる、ということは考えておいたほうがいいです。

まとめ

式場めぐりは2週間で5カ所見学するつもりで候補を決めておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク