iPhone SEのICカードを入れられるケースまとめ

iPhone SEは片手で操作できるサイズで根強いファンも多い機種です。

また、売られているケースの多さもiPhoneならではの魅力です。

iPhone SEには残念ながら電子マネーやおさいふケータイの機能はついていないのですが、ICカードを入れられるケースを購入することで、おさいふケータイと同じような使い方をすることができるようになります。

いくつか調べてみましたので、紹介したいと思います。

PhoneFoam Golf Fit

一番、有名なのがこちらです。韓国のメーカーから出ています。

iPhone全体を保護する形になっていながら、意外とスリムです。ICカードは横からスライドさせて入れ込む形になっています。

ICカードの磁気干渉を防ぐシートも付属しております。

ストラップホールが付いている点もいいですね。

Patchworks Level Case Card Edition

お次はこちらです。

PhoneFoamにちょっと似ていますが二層構造にはなっていません。

ICカードを入れられるだけでなく、ICカードを使ってiPhoneを斜めに立てることができる溝が入っています。

こちらのケースもストラップホールがついています。

Match nine MATCH4 CARD

次はこちらです。

スライドしてICカードを入れるのが嫌な方、カードの端の方がちらっと見えてしまうのが嫌な方は、こちらがおすすめです。これはケースにスライド式の蓋があって、ICカードを入れてしまうような作りになっています。外からICカードが見えることはありません。

ただ、気をつけないと、落とした時にケースが分解してしまうかもしれませんね。

残念ながらストラップ用のホールはついていません。

Simplism NUNO

名前の通り、布のような素材のバリエーションもあるケースです。

チェック柄もあったり、とてもおしゃれなケースです。

また、ケースの中にくぼみがあって、ICカードを完全にケースの中に入れ込んでiPhoneに装着させるようになっているので、ICカードがどこかに行ってしまう心配はないと思います。

ただし、ケースを全面的に保護してくれるタイプではないので、保護する機能は弱いかもしれません。

ストラップ用のホールもついていません。

好き嫌いが分かれるケースだと思います。

どれを買ったか

今回のケース選びでは、iPhoneが全面的に覆われて保護されること、ストラップホールがついていることを重視しました。

結果としては、Pathworksのケースを購入しました。マークもおしゃれで気に入っています。

中にはEdyのカードを入れています。別途、購入した干渉防止のカードも入れていますので、認識ミスが発生したことはありません。

ストラップはこちらのを買いました。指を入れられるので、落とす心配がなくなって安心します。

まとめ

iPhone SEをますます便利にしてくれるICカードケースは使うととても便利ですよ!私はこのケースがあるので、iPhone SEを買ってしまいました。

ぜひ、試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク