どこでもつながるストレスフリーなノートPC『VAIO S11』(VAIO)

今までずっとASUSの安いノートPCをリモート業務用に使っていたのですが、ずっと気になっていたVAIO S11を導入しました。

20万円近くして高価な買い物でしたが、1週間使ってみてそれだけの価値はあることを確信しました。

早速、レビューを書きたいと思います。

スポンサーリンク

開封の儀

とてもコンパクトな箱に入っていました。

VAIO S11

開けると本体とACアダプタ、説明書が入っています。

VAIO S11

今回はブラックを選択しました。マットな感じで落ち着いています。

VAIO S11

広げてみた様子です。本体はアルミのようで触るとひんやりしています。

VAIO S11

LTE対応モデルで指紋認証をつけよう!

S11はLTE対応モデルにすると、テザリングなどをしなくてもネットワーク接続することができます。もちろん、今回はLTE対応モデルを選びました。

WIFIを選ぶのと同じ操作で、LTE通信を選択して切り替えることができます。

S11はさらに指紋認証をつけるのがオススメです。WINDOWSのログインに指紋認証を使えるので、すぐに立ち上げることができます。

LTE対応と指紋認証は実感してみると、えらい違いです。これだけで業務を始めるまでの時間が短縮できますし、作業に入る心理的な抵抗も低くすることができます。

VAIO S11

ドコモ系SIMでもau系SIMでも使える

ちなみにVAIO S11はLTE対応モデルはドコモ系のSIMでもau系のSIMでも両方使用することができます。

よく接続ができなかったというレビューを見かけますが、APN設定をしていない可能性が高いです。SIMを挿しただけだと「接続なし」と表示されます。

後述しますが、S11はmicro SIM対応ですが、nano SIMでもアダプタを使うことで使用することができます。

セットアップ時に注意したほうがいいこと

ユーザー名はひらがなや漢字も使えるのですが、半角英数字にしておきましょう。

アプリケーションによっては、エラーが発生する原因になってしまうことがあるからです。

間違えてユーザー名を設定してしまっても、管理者を作って元のユーザーを削除することでやり直すことができますので、OSを入れ直したりする必要はありません。

オススメのアクセサリー

他に買った方がよいアクセサリーを紹介します。

SIMアダプター

S11はマイクロSIM対応なのですが、nano SIMにアダプタをかませて使ったほうがSIMの汎用性は高くなります。

下記は、私が使用しているnano SIMでも使用できるアダプターです。

こんな形でnano SIMをはめ込むことができます。

VAIO S11

シールを貼ることで、SIMを固定することができます。

VAIO S11

覗き見防止シート

電車などでノートPCを使う場合は、隣の人に覗き見されないようにしたほうがよいです。

ASUSで使っていた覗き見防止シートを流用しました。縦に2ミリほどカバーできていない部分もありますが、十分に使えています。

パソコンケース

amazon basicsのケースです。ジャストフィットさせることができます。

予備の電源アダプタ

予備の電源アダプタがあると、例えば自宅と職場それぞれに置いておけるので、いちいち持ち運ばなくてよくなり便利です。

純正の電源アダプタがなぜか2000円程度で手に入りました。ボルトとアンペアの規格(10.5V、3.8A)だけ合うように注意してください。

VAIO S11

まとめ

VAIO S11のLTE対応モデルはリモート業務をストレスフリーで快適にしてくれるノートPCです。リモートで業務する機会が多い方はオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク