鼻パッド跡がつかないメガネ『NEOJIN J3000-1』(NEOJIN)

メガネを長時間身につけていると、鼻にパッドの跡がついてしまいます。メガネをたまに外したり、シリコンの鼻パッドのメガネを使えば多少は軽減できるのですが、完全に予防することは困難です。

そこでいろんなメガネを探してみたところ、なんと鼻パッドのないメガネを見つけました。NEOJINというメーカーのメガネです。

Amazonで買ってみたので、レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

Amazonでフレームを購入することが可能

できれば、メガネは実店舗で購入したほうがよいのですが、まだそこまで普及はしていないので探すのは困難かもしれません。

私も最初は実店舗へ行ったのですが、展示しているもの以外は在庫はないと言われてしまいました。また、実店舗は割高です。

仕方がないので、Amazonでさっそくポチったところ、こんなダンボールで送られてきました。

中身ですが、マニュアルとメガネ本体が入っています。メガネケースは含まれていません。

フレームの左右のパッドで、メガネを支える

メガネを取り出してみました。正面から見ると普通のメガネと変わりはありません。

広げてみたところです。このメガネの最大の特徴なのですが鼻パッドがない代わりに、フレームの左右にパッドがついていて、これでメガネを支えるようになっています。頬骨の上あたりに当たるようになっています。慣れていないうちは、若干違和感があります。

パッドはシリコン素材でできています。

レンズは持ち込みで入れてもらう

Amazonで購入した場合はレンズは含まれていないので、別途購入する必要があります。

私はZoffでPCメガネ用のレンズを入れてもらいました。Zoffは公式サイト上は他メーカーのフレームにメガネを入れることはできない、と書いてあるのですが、お店の裁量で入れてくれる場合もあります。

私は同じ店舗でZoffのメガネをいくつか購入しているので、顔なじみの店員さんにも快く受けてもらいました。ついでにメガネケースももらえました(笑)。

他に持ち込みでレンズを入れてくれるところとして、ALOOKなどがオススメです。

こちらはレンズを入れてもらったあとのNEOJINです。

オススメする使い方

このメガネ、確かに鼻に跡がつかないのはいいのですが、残念ながら代わりにパッドが当たる部分に同じような跡がついてしまいます。

そのため、普通のメガネは別に持っておいて、適宜付け替えて各部位への負担を減らす、という使い方がよさそうです。

デザインについてはZoffやJINSのメガネの方が洗練されている印象なので、出かけるときや人と会うときは普通のメガネで作業をしているときはNEOJINを使うといいかもしれません。

いろんな種類のフレームがある

フレームはいろんなものが出ています。もちろん、男性用と女性用があります。

購入するときの注意点としては、メガネの寸法はよく見ておいた方がいいと思います。今使っているメガネと同じ寸法のメガネを選ぶと、失敗が少ないでしょう。

まとめ

NEOJINは鼻に跡がつくことが気になる人にオススメのメガネです。こちらのメガネを使うと、軽減することができると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク