機種変更するときにApple WatchのSuicaを移行する方法

Apple WatchでSuicaを使うと、とても便利になります。

スマホを取り出さなくても改札を通り抜けることができますし、電子マネーとしてもほとんどのコンビニで使用することができるので優秀です。

さらにApple Watchに定期券を入れると定期券を持ち忘れたり、定期券があるのに使い忘れることもなくなります。

一方で困るのが機種変更するときです。

iPhoneを機種変更したとき、Apple Watchを機種変更するときにはたして残高や定期券データが残るのか、非常に不安になります。

そこで、機種変更するときに安全にSuicaを移行する方法を記載したいと思います。

スポンサーリンク

カードを削除する

機種変更するときに古い機種は端末リセットをすると思いますが、端末をリセットする前に古い機種からカードを削除しましょう。

Watchアプリから『WalletとApple Pay』を選択し、Suica(定期券)を選択します。

そこで一番下に行くと『カードを削除』というメニューがあるので、これを選択します。

すると「このカードは削除されても、いつでも”Wallet”からこの残高ごと再追加することが可能です」と表示されます。

つまり、標準の手順だと言えます。おそらくは『カードを削除』することで、Suicaがどの端末にも紐付いていない状態でサーバーに保存されるのだと思います。

カードを削除した後でペアリングを解除するなり、Apple Watchの端末をリセットしても大丈夫です。

Apple Watchからもカードを削除できる

古いiPhoneの機種とペアリングしたまま、古い機種をAppleに返却してしまったりした場合はどうしたらよいでしょうか。

その場合でも、Apple Watchの操作でSuicaを削除することができます。

ただし、前提としてWiFi設定はされている必要があります。

Apple WatchのWalletアプリからSuicaを表示し、画面を強く長押ししましょう。すると、『カードを削除』というメニューが現れます。

選択すると、iPhoneから操作したときと同様に「このカードは削除されても、いつでも”Wallet”からこの残高ごと再追加することが可能です」と表示されます。

カードを削除した後は、Apple Watchの端末をリセットしても大丈夫です。リセットした後で、再び新しい機種とペアリングすることができます。

他の手順でも大丈夫だが

ちなみに他の手順でも問題があるかと言うと、そういうわけではなさそうです。

例えば、iPhoneの端末リセットしたときにApple Watchが接続されていれば同期してApple Watchも端末リセットされるのですが、この後で新しいiPhoneとApple Watchをペアリングさせても、Suicaの残高は維持されていました。

おそらくは、Suicaのサーバーと接続されていない状態で端末のSuicaの情報を削除したり、Suicaと紐付いた端末をなくすと問題になりそうです。

問題になるケースというのは言われているよりも少なそうですが、Suicaを移行するときは『カードを削除』を意識すると安心でしょう。

まとめ

使っているときは便利なApple WatchのSuicaですが、移行するときは不安だらけだったりします。今回の記事が役に立つと幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク