Evernoteの活用例

Evernoteはかれこれ2年ほど使っています。最初はイマイチつかいこなせていなかったのですが、最近ようやく使い方が決まってきたと思うようになりました。

使い方は人それぞれだと思いますが、私の使い道を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

健康診断の結果

毎年、受診している健康診断の結果をスキャンして保存しています。

お医者さんと話す時も「血液検査の値とか普段はどのくらいですか?」と聞かれたときに、スマホで素早く見せたりできて便利です。

服や靴のサイズ

ワイシャツの首周り、袖の長さもいざ買うときになると思い出せないものです。

また、スーツをイージーオーダーで頼んだ場合は、その寸法を記録しておくと、次回からオンライン通販で購入することができてよいかもしれません。

靴のサイズもメーカーごとに違いますので、Evernoteに記録させておくと便利です。

給与明細や源泉徴収票

会社では、そんなに何年も給与明細や源泉徴収票を保管してくれないので、Evernoteに保管しておいています。

久しぶりにみると給料がこのくらい上がったとか、分かって楽しいです。

契約書

インターネットのプロバイダなどのサービスに申し込んだ時にもらえる契約書はスキャンしてEvernoteに保存するようにしています。

紙が減って、だいぶスッキリした気がします。

セミナーのメモと資料

いつも、iPhoneとBluetoothのキーボードを使って、セミナーのメモを取るようにしています。

Evernoteのアプリは、キーボード対応がよくできています。ほとんど、PCと同じ感覚で使うことができます。最近はPCは重たいのでセミナーなどで持ち込みたくありません。

もらった資料も同じノートに添付しておきます。

気に入ったウェブサイト

Evernoteプレミアムに入っていると、閲覧しているサイトのページをそのままノートとして保存することができます。

ブックマークにするのもいいのですが、後でURLを忘れたりしますし、ノートとして保存してしまったほうが探しやすいのでそうしています。

出会った人の名前

悲しいことに年を取るとだんだん人の名前を忘れていってしまいます。中学校のころ、習っていたピアノの先生の名前ってなんだっけ?とか。

意外と親や兄弟が覚えてたりするので、雑談の中で出てきた名前をひろって、Evernoteに書くようにしています。

昔の思い出

これもほっておくと、どんどん忘れていってしまいます。小さいころの思い出とかは、簡単にEvernoteに書くようにしています。ちょっとしたきっかけさえ与えれば、思い出せるものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?意外とオーソドックスな使い方が多かったかもしれませんが、参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク