ホテル・式場の格式はこだわったほうがよいのか?

式場選びをしていると、ついついブランド志向になってしまいます。

内容はよさそうなんだけど、こっちのホテル・式場は有名でないからやめておこう、こっちのホテル・式場は有名だからちょっと高いけどこっちにしておこう、といった具合です。

はたして、格式のあるホテル・式場を選んだほうがいいのでしょうか?

スポンサーリンク

必要だと思われるケース

例えば、会社の中でも上役を呼んだり、外部から偉い人を呼ぶ場合には、有名なホテル・式場を選ぶことに多少の意味があると思います。

会社で言えば、事業部長以上を招くのであれば、こだわってもいいでしょう。私も詳しく知りませんが、医者とか政治家とか代々続く稼業の跡取りとか、特殊な業界でも必要な場合があるのかもしれません。

なぜなら、偉い主賓を呼ぶには、それなりのホテル・式場でないとお誘いがしにくいからです。

こう言っては下品かもしれませんが、結婚式を人脈を築くツールとして使う場合は、式場の格式にこだわる価値があるのかもしれません。

一流にこだわる場合は、相応の投資額になる

ただし、有名なホテルや式場にしたからと言って、料理やその他のことをケチったのでは逆効果です。すぐにバレてしまいますし、見栄を張りたかったのかな、と印象がよくありません。

格式高い一流のホテル・式場は、普通のホテル・式場で同じことをするより、50万~100万以上上乗せでかかることを覚悟したほうがいいでしょう。

しかし、ここで疑問が発生します。果たして、結婚生活にかかる生活の準備をさしおいて、それだけ投資する値打ちがあるのでしょうか。

住む世界やその人の出世状況によっては、投資の価値はあるのかもしれません。ただ、ほとんどの人(サラリーマンなど)はホテル・式場の格にこだわる必要性はないでしょう。

基本は自己満足でしかない

招待客が友人や親戚、同僚だけの場合、人並みの出世具合の人は、一流のホテルや式場にこだわる理由はほとんどありません。自己満足に過ぎないです。

日常の会話でも「私は一流の式場で結婚式を挙げました。すごいでしょう。」とかしゃべる機会はありませんし、そんなことを言う人とおつきあいするのはごめんこうむりたいものです。

言うまでもありませんが、結婚式を挙げた場所などはステータスとしては皆無に等しいです。

ホテル・式場も一企業です。数年前まで超有名だったホテルや式場も経営状態が思わしくなくて、倒産してなくなったりしています。ブランド名にすがっても、永続的な価値にはなりえないです。

あくまで、結婚式の瞬間を価値の高いものにすることを考えましょう。

まとめ

特別なケースを除き、式場の格式やブランドにこだわる必要はありません。本当に自分が気に入った式場を選ぶようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク